神谷町駅直結の歯医者・歯科

入れ歯・義歯

HOME > 入れ歯・義歯

歯を失った時、放置するのは非常に危険

歯周病や虫歯、またケガをすることにより歯を失うことになった時、歯の機能を補うため、人工の歯を入れる治療を行います。
この治療を見た目をよくするためだけのもの、歯の埋め合わせと軽く考えている方がおられます。

中には「見た目を気にしないのでそのままにしておく」と放置する方もおられます。しかし、これは体全体の問題で歯だけに限った問題ではありません。なぜなら、歯を失った空間を、上下左右の健康な歯が埋めようとするため、動いてしまうのです。

例えば、上の歯を失ったのに治療をせず放置した場合、噛みあう下の歯が上の空間を埋めるために少しずつ上に移動をはじめます。また同時に左右の歯も空いた空間を埋めようと倒れはじめるのです。そうして、1本の歯を失った空間を埋める移動で歯並び全体が崩れてしまい、口内の全体バランスが崩壊し、不健康な状態へと変化します。また、影響は口内だけにとどまりません。

歯のバランスが崩れることで嚙み合わせが悪くなり、食べ物を咀嚼しにくくなります。咀嚼が悪くなることにより、食事もおいしく感じなくなってしまいます。同時に消化も悪くなり、胃腸への負担が増加し、体全体への負担となっていきます。1本の歯を失うことは体全体の問題なのです。歯を失ったらすぐに治療をしましょう。放置することはおすすめできません。

【欠損放置】
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 欠損放置1
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 欠損放置2

各々の入れ歯の特徴、種類や構造の違い

入れ歯の種類や構造の違いについて説明をしていきます。入れ歯には、どんな種類があるかご存じですか。入れ歯の種類は大別して2つに分けられます。「部分入れ歯」と「総入れ歯」です。総入れ歯とは全ての歯を補う入れ歯のことをさし、ご自身の歯が1本でもあれば、部分入れ歯と総称します。

部分入れ歯

部分入れ歯は、お口の中の歯が一部欠損したときに装着する、取り外し可能な入れ歯です。歯のない部分に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に金属のバネ(クラスプ)をかけて安定させます。

特徴
  • ・保険適用の部分入れ歯、保険適用外の部分入れ歯があり、素材によって異なります。
  • ・ブリッジのように健康な歯を大きく削ることはありません。
  • ・長持ちさせるために日々のメンテナンスが重要です。
  • ・入れ歯の床や金属のバネに異物感を覚えやすく、見た目も目立ちやすくなります。
  • ・土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める場合があります。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 部分入れ歯
総入れ歯

総入れ歯とは、歯が1本も残っていない場合に装着する、取り外し可能な入れ歯です。

特徴
  • ・保険適用の総入れ歯、保険適用外の総入れ歯があり、素材によって異なります。
  • ・長持ちさせるために日々のメンテナンスが重要です。
  • ・入れ歯を固定して安定させるための歯がないため、お口の中で動いてしまう場合があります。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 総入れ歯

入れ歯の構造

「クラスプ」という装置を使って部分入れ歯を固定する方法が一般的ですが、ほかに、マグネットを使用する方法や金属のバネを使用せずに固定する方法もあります。 総入れ歯の安定感を得る方法として、シリコンなどを用いることで、顎の粘膜の状態にかかわらず安定感を増し、従来に比べ、咀嚼時の感じがよくなるものがあります。


入れ歯を使用するメリットとデメリット

入れ歯やブリッジ、インプラントについては、歯を失った時の対処法として知られていますが、この中で、入れ歯は他に比べて治療期間が短く済むといった特徴があります。入れ歯の場合、失った歯の本数に関係なく、いずれの場合でも1つの入れ歯で対応ができる点がメリットとして挙げられます。

入れ歯の中には、保険適用外ではありますが、ノンクラスプデンチャーのように目立たない入れ歯もあります。もうひとつのメリットとして、固定を要するブリッジやインプラントと違い、修理や調整が簡単にできるということがあげられます。
反対に入れ歯のデメリットを挙げると次のようなものがあります。


・食べかすがよく挟まる
・硬いものは食べるのが困難
・バネなどビジュアルが悪い
・手入れに時間がかかる
メリットでもある取り外しやすさは、反対に隙間に食べ物が挟まるといったデメリットでもあります。
口内はとても敏感になっていて、髪の毛1本であっても違和感を感じるようになっています。

また、硬いものに対して噛みにくさを感じる方も多いようです。
ほかには、歯科用プラスチック製の総入れ歯は保険適用となっていますが、熱を感じにくいという短所があり、食事の際には味が感じられにくいという影響があると言われています。

保険適用外ではありますが、入れ歯の土台となる床(しょう)部分に金属を使用したものであれば、熱を伝えることができ、食事の際にも、味をしっかり感じることができます。 また、患者さまが団体旅行などに行かれた際、「夜、入れ歯を洗浄するのが恥ずかしい」という方がおられます。入れ歯にはそうしたデメリットも考えられます。

保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯の違い

入れ歯には健康保険適用のものと適用外のものがあり、保険適用外の場合は全額自己負担となります。特徴として、保険適用の入れ歯は安価ですが、材質には制限があります。一方、保険適用外の入れ歯は、材質を希望通りに選ぶことができるため、装着感もよく見た目にもいいものとなります。この違いを理解し、自分に合う入れ歯をお選びください。

保険が適用される入れ歯の特徴

保険適用の入れ歯の特徴として、レジンという歯科用プラスチック(レジン)を素材としていることがあげられます。総入れ歯には固定する部分がないため、ピンク色の土台部分(義歯床)を口の粘膜部分に吸着させ固定します。部分入れ歯の場合はクラスプという装置がついており、その装置を使って固定します。

保険が適用される入れ歯のメリット
  • 港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 治療費が安い
  • 港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 修理が比較的簡単にできる
保険が適用される入れ歯のデメリット
  • 港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 口に装着したとき、全体的に分厚いため、違和感がある。
  • 港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 材質がプラスチックのため、食べ物の温度を感じにくい。
  • 港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 金属製のクラスプが部分入れ歯にはついているため、見た目が悪い

入れ歯の種類

保険適用

レジン(プラスチック)

利点
  • ・費用負担は少ない、初めての入れ歯におすすめ
欠点
  • ・壊れやすい、厚くてしゃべりにくい、熱が伝わりづらい、違和感がつよい、すり減る、不具合が起こりやすい
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 レジン(プラスチック)

自費診療

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)がなく、床の部分で歯ぐきを覆います。

利点
  • ・バネを使わないので、入れ歯が目立ちにくくなります。
  • ・保険の入れ歯より装着感がよくなります。
欠点
  • ・強度は高くありません
  • ・機能性は保険の入れ歯と変わりません
  • ・修理が難しいです
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 ノンクラスプデンチャー
金属床義歯

金属アレルギーを起こすリスクがあるので、アレルギーテストをおすすめします。

利点
  • ・薄い、違和感少ない、しゃべりやすい、熱の伝わりが良い→美味しく食べられる
  • ・壊れにくい
欠点
  • 費用がかかる、修理がしにくい
金属の種類
コバルトクロム(Co-Cr)合金
  • ・硬くて丈夫ですが、ほかの金属と比べアレルギーのリスクが高くなります
金合金
  • ・装着感に優れる、口当たりがよい、身体にやさしい
  • ・他の金属よりやや重い
チタン合金
  • ・アレルギーのリスクが少なく、身体にやさしい
  • ・金属の中では軽く、より違和感が少ない
  • ・強度がある
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 金属床義歯
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 金属床義歯
コーヌス義歯

茶筒の原理を使います。内冠と外冠の二重構造になっており、ぴったりとかぶせることで義歯が固定されます。かぶせ物と入れ歯が一体となったものです。

利点
  • ・よく噛めます
  • ・バネを使わないので、見た目に優れます
  • ・取り外し式なので磨きやすく、汚れがたまりにくくできます→むし歯、歯周病になりにくくなります
  • ・歯周病で揺れている歯に対して強固に固定でき、負担も少ないので、歯の寿命を伸ばすことができます
  • ・取り外してお手入れをすることで清潔に保てます
欠点
  • ・保険適用外です (医療費控除は受けられます)
  • ・歯を削る量が多くなります(健康な歯も削ります)
  • ・歯ぐきと歯の境目に金属が見えることがあります
  • ・人工の歯は変色することがあります
  • ・制作工程が煩雑で、高い精度が必要です
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 コーヌス義歯
磁性アタッチメント(マグネット)義歯

利点
  • ・金属のバネがないので、見た目がきれいです
  • ・磁石が引き合うので、着脱がカンタンです
  • ・入れ歯が外れにくい
  • ・維持力となる磁力は半永久的で、緩くなったりしません
  • ・横揺れの力による歯への負担を減らせます
  • ・入れ歯を小さくできます
欠点
  • ・保険適用外です (医療費控除は受けられます)
  • ・神経のある歯には応用できません
  • ・MRI画像にゆがみが生じてしまうことがあります
  • ・取り外してお手入れが必要です
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 磁性アタッチメント(マグネット)義歯
インプラントオーバーデンチャー

利点
  • ・入れ歯が安定します
  • ・よく噛めます
  • ・全ての歯をインプラントにするよりインプラントの本数を少なくできます
  • ・取り外しがカンタンです
  • ・入れ歯を小さくできます
  • ・取り外してお手入れをすることで清潔に保てます
欠点
  • ・保険適用外です (医療費控除は受けられます)
  • ・外科処置が必要です
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 インプラントオーバーデンチャー
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 インプラントオーバーデンチャー
ソフトアタッチメントデンチャー

コーヌス義歯と同様、かぶせ物と義歯が一体となっています。かぶせ物の内側のソフトな樹脂によって維持力を高めます。

利点
  • ・金属のバネがないので見た目に優れます。
  • ・装着感がよく、かたつきが少なくなります。
  • ・維持力が減ってもかぶせ物の中の樹脂を交換することで維持力が戻ります。
  • ・高い精度が要求されないので、失敗のリスクが低くなります。
  • ・取り外して磨くことで清潔に保てます
欠点
  • ・保険適用外です(医療費控除は受けられます)
  • ・土台とする歯は、健康な歯でも削る必要があります。
  • ・維持力確認のために、定期的なメンテナンスが必要です。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 ソフトアタッチメントデンチャー
ブリッジ

ブリッジとは、歯を抜いた部分の両隣の歯を削って土台にして、橋を架けるように人工の歯を入れて抜歯した部分を補う治療のことです。基本的には抜歯した部分を1本と数えるのではなく、両隣の歯(支えとなる歯)も含めた本数で決定します。そのため、抜歯した部分1本に対して支えが2本なので、ブリッジの治療は最低でも3本からとなります。抜歯した箇所によっては、さらに多くなる可能性があります。また、ブリッジをかけられない場合は、入れ歯やインプラントになる可能性もあります。

特徴
  • ・入れ歯と比べると割高ですが、保険適用で作製することが可能です。
  • ・入れ歯のような金属のバネがないため、装着時の異物感・見た目ともに改善されます。
  • ・入れ歯よりもしっかりと噛むことができます。
  • ・ブリッジの装着時には歯を失った部分の両隣りにある健康な歯を削る必要があります。また、支えとなる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める場合があります。
  • ・使用する素材によってはメインテナンスが難しくなります。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 ブリッジ

保険診療

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠は、裏打ちが金属(金銀パラジウム合金など)、見える部分にレジン(プラスチック)を貼りつけたブリッジで、保険診療で前歯のブリッジを作るときに使います。
主に笑った時に歯が見える部分に使用します。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 硬質レジン前装冠
全部鋳造冠

保険診療で奥歯のブリッジを作るときに最も使用されます。
一般的に「銀歯」と呼ばれるものです。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 全部鋳造冠
高カラットゴールド(金)

主に奥歯のブリッジを作るときに使います。
金属を使用しているため見た目に問題がありますが、長持ちする特徴があるので、つけてもあまり目立たない奥歯にゴールドブリッジがおすすめです。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 高カラットゴールド(金)
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 高カラットゴールド(金)
フルジルコニア

二酸化ジルコニウムを主成分としたセラミックで出来たクラウンで、硬くて強度があるため、奥歯に適しています。
歯ぎしり・食いしばりをする方におすすめです。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 フルジルコニ
メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)

メタルボンドは、裏打ちが金属、見える部分にセラミック(陶器)を貼りつけたブリッジで、前歯にも奥歯にも使用できるブリッジです。
歯の色に似ているので見た目もよく、変色もせず、強度もあるので人気があります。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)
ジルコニアボンド(ジルコニアセラミック)

ジルコニアボンドは裏打ちに人口ダイヤモンドとしても利用されているジルコニアを使い、見える部分にセラミック(陶器)を付けたブリッジで、強度に優れているため、前歯だけではなく、奥歯にも使用できるブリッジです。
ブリッジの中でも最高クラスの審美性・耐久性・生体親和性を兼ね備えています。
また、金属を一切使用していないので歯肉の変色や金属アレルギーの心配はありません。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 ジルコニアボンド(ジルコニアセラミック)
接着性ブリッジ

接着性ブリッジは前歯など噛む力が弱い部分に、前後の歯を最小限の削る量でセラミックをブリッジのようにつける方法です。
前後の歯が削ったことのない綺麗な歯で、できるだけ削りたくない方におすすめです。


保険が適用されない入れ歯メリットとデメリット

保険適用のレジンプラスチック床と比較すると、金属床の入れ歯はとても薄く、熱もしっかり伝わるので、食事の際には温度を感じることができ、味わいを楽しむことができます。また、薄くできていることにより軽量で、到着時の違和感もなく、保険適用のプラスチック製の入れ歯と比較すると、非常に快適に装着ができます。

デメリットをあげるとすれば、やはり保険が適用できない分、高価な点です。また、保険適用外のものとして、バネが目立たないというメリットを持つノンクラスプテンチャーがありますが、普通のバネ式の入れ歯に比べると、咀嚼力が弱くなるというデメリットもあります。

メリットとデメリットがどの入れ歯にもあります。費用面だけではなく、患者さまそれぞれの生活環境を考え、どういった入れ歯が自分に適しているのかを考え、選択しましょう。


入れ歯のメンテナンス法と注意点

入れ歯の使用を開始した時には、入れ歯が気になったり、食事の時にも意識したり、滑舌に問題がでたりと苦痛を感じることも多くありますが、まず慣れることが肝心です。使用を継続していると慣れてきて、だんだん気にならなくなってきます。もし、歯ぐきがただれるようなことがあれば、その時は入れ歯を外し、歯ぐきを休ませることが必要です。

毎日の洗浄で常に清潔さを保つ
健康な歯の場合でも虫歯予防のために、毎日歯を磨きますが、入れ歯についても同じで毎日きれいに洗うことが大事になってきます。

洗浄をしないと、入れ歯に虫歯菌や歯周病菌といった細菌が付着し、口臭の原因になったり、口内のただれをもたらしたりします。医師のアドバイスに従って、歯ブラシでしっかりと入れ歯を洗うようにしましょう。清潔に入れ歯をしないで使用を継続すると、虫歯や口内炎を発症するだけでなく、全身の健康を害することの原因となります。

口内細菌は誤嚥性肺炎や歯肉がんといった、一部のがんに関係しているといった報告も存在します。入れ歯は入れ歯専用ブラシや歯ブラシを使い、優しく水で洗浄してください。この時、歯磨き粉を使用することは避けてください。入れ歯洗浄剤を週に1回の頻度で使用することで、より清潔に入れ歯を保つことが可能です。

しかし、60℃以上のお湯を使用して洗浄をすると入れ歯が変形する可能がありますので、気を付けてください。また、入れ歯の使用後については、口内及び舌をきれいに洗浄してください。
保管の方法について、乾燥を避ける
入れ歯の弱点は乾燥です。乾燥によってねじれや歪みを生じることがあります。 それにより、入れ歯が口に合わなくなることがあります。 使用していない時は、コップなどの容器に水を入れ、その中で保存することをおすすめします。
入れ歯の修理
入れ歯は精工につくられたものでも、微妙に合わなくなってくるのは必然です。
保管方法や使用の仕方に原因で、歪を生じることもあるのですが、多くの場合は歯ぐきが痩せてくることが原因となっています。

抜歯をした場合、治療後6ヵ月に渡り、周辺の歯ぐきが痩せていきます。
そのため、入れ歯が微妙に合わなくなるといった問題が生じることになり、定期的に調整することが必要となってきます。

微調整で済むのではと思い、調整をご自身でする方がおられますが、そうすると入れ歯が合わなくなる原因になります。 入れ歯の調整は必ず歯科医院で行ってください。入れ歯を長期に渡り使用していくためには、専門家の調整が必要となってきます。

インプラントやブリッジとよりも入れ歯については、しっかりとしたメンテナンスが大事になってきます。 毎日のメンテナンスだけでなく、定期的に受診し、入れ歯や口内のメンテナンスを行っていくことをおすすめします。
就寝前には入れ歯を外す
通常、寝る前には入れ歯を外します。 ただ、部分入れ歯を使用している場合、寝ている間もそのまま装着して良いケースがあります。

入れ歯は患者様の一部です

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

残念ながら、入れ歯治療は多くの場合、違和感が伴います。
そのため、せっかく入れ歯をつくっても、「必要がない」「違和感がある」といった自己判断が理由で使用をやめてしまうことが多くあります。

しかし、入れ歯の役割は食べ物を健康な歯に代わって噛み砕くだけではなく、歯を支えるための顎の骨やその周辺の健康な歯が衰えることを防止する効果あり、口内の健康維持には不可欠な人工臓器なのです。
どうか、入れ歯を適切に使用し、歯の健康維持をはかってください。

歯の健康維持が全身の健康維持につながっていきます。 入れ歯はあなたの体の大切なパーツなのです。

LINE予約

虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

〒105-6902 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー2階

tel 03-6453-0774

診療時間
月〜金 9:30~13:00
14:00~18:30
土・日・祝日 休診

※感染拡大が収束するまで火曜、木曜の診療はご予約患者様のみとなります。
月曜日、水曜日、金曜日は通常通りの診療になります。
患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

※お盆、年末年始は休診いたします

因幡会グループ関連リンク

虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前が所属する医療法人社団 因幡会は、東京、埼玉、神奈川に8つの歯科医院と歯科技工所がございます。

お電話 ご予約