神谷町駅直結の歯医者・歯科

顎関節症

HOME > 顎関節症

顎関節症

悪い噛み合わせによって顎関節に負担がかかると、身体にさまざまな症状が現れる場合があります。
特に、下記のような症状が現れている方は注意が必要です。

  • ・食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • ・あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • ・耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • ・大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ・ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • ・人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • ・口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • ・最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • ・最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • ・頭痛や肩こりを起こしやすく目が疲れやすい

上記の症状に思い当たる点がある方は、お気軽に当院までご相談ください。

顎関節症とは?症状や治療法について

悪い噛み合わせによって顎関節に負担がかかると、身体にさまざまな症状が現れる場合があります。
特に、下記のような症状が現れている方は注意が必要です。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

顎関節症とは、顎の関節や顎を動かす咀嚼筋に異常が起こり、「口が開きにくい」「口を開いたときに音がする」「顎が痛い」といった症状が現れる病気です。

頬杖や歯ぎしり、足を組んでのデスクワークなど、悪い姿勢や習慣を長期にわたって続けると、顎関節に負担がかかり、顎関節症になる場合があります。

また、ある疫学調査によると、顎に何らかの症状を抱えている日本人は全人口のおよそ70〜80%にのぼると言われています。

噛み合わせだけでなく、顎関節にも悪影響が出ている場合は注意が必要です。

顎関節症の症状

顎関節症は自覚症状のまったくない方も、その予備軍である可能性があります。特別な治療を行う必要がないケースも多くありますが、もしも日常生活に支障が出はじめているようなら、早めに検査を受けることをオススメします。顎関節症が引き起こす症状には、主に次のようなものがあります。

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 顎の開閉時、また噛む時に痛みが生じる
顎関節症になると、顎を動かしたときに痛みが生じます。この症状は「顎関節痛」(滑膜炎、関節包あるいは円板後部結合組織の炎症による痛み)と「咀嚼筋痛」(筋・筋膜疼痛で頭頚部および口腔顔面領域の持続性疼痛)の2種類に大別されます。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 口が大きく開かない
顎関節症の2つ目の症状に「口が開きにくい」というものがあります。人の口は通常、自分の人差し指から薬指までの3本の指を縦にして入れることができます(約40mm)。これができない場合は、顎関節や咀嚼筋に何らかの異常がある可能性があります。
港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前 開口時にガリガリ・シャリシャリと音が鳴る
大きな口を開けたときや物を噛むときにカックンといった関節音が鳴ったり、ガリガリ・シャリシャリと擦れるような音が聞こえます。ただし、こういった関節音は痛みを伴う場合を除いて、特別な治療を行わなくてもいいケースがほとんどです。

顎関節症の治療法

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前
顎関節症は、噛み合わせの異常を含めた様々な要因によって引き起こされる病気です。
そのため、原因によって治療法もそれぞれ異なります。 ストレスなどによって日中に食いしばりが起きている場合は、食いしばりが顎関節症を悪化させていることを理解していただき、それを止めるようにご指導いたします。

また、睡眠中の歯ぎしりが顎関節痛を誘発している場合は、顎関節への負担を軽減するため、歯ぎしり対策用のマウスピース(スリープスプリント)を就寝時に装着していただきます。リハビリテーションを行い、顎を動かす筋肉のストレッチを行うこともあります。

歯並びが原因の場合は、矯正治療や被せ物の調整等を提案する場合がございます。それぞれの原因に合った治療法がありますので、顎関節症の症状にお悩みの方はまず当院までお気軽にご相談ください。

顎関節症の原因は顎への負担が多い

顎関節症の主な原因は顎への過度な負担によるものです。
次のようなことが原因で、顎に負担がかります。

不正咬合

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

不正咬合とは、噛み合わせが悪くなっている状態です。
噛み合わせは生まれつきの顎の形に左右されることが多いのですが、生活習慣や癖からの影響もあります。噛み合わせが悪くなると、片側だけの顎関節に力が集中したり、異常な方向へ力がかかり、顎に負担がきます。

顎への負担については、毎日の食事を通し、その蓄積が原因で顎関節症を発症することがあります。
不正咬合を治療するには、歯並びを矯正する装置を使用するといった歯科矯正が必要となります。


ブラキシズム

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

ブラキシズムとは、歯ぎしりや歯の食いしばりのことをさします。
歯ぎしりや食いしばりは寝ているときに起きることが多くみられますが、ストレスを感じたり、運動中や力のいる仕事をした際に、無意識にしてしまうこともあります。

強い力で歯を嚙合わせると、歯や歯周組織が破壊され、さらに顎関節への負担が大きくかかってくることになります。

日常より上下の歯を接触させないように注意することが重要で、スポーツや寝ている時にマウスピースをいれて顎に負担がかからないようにする方法があります。


頬杖などの癖

港区 虎ノ門 虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

頬の関節に負担がかかると考えられる癖はいくつもあります。
例えば、頬杖や咀嚼を片側だけで行うといったもの、また、うつ伏せ寝や横向きに寝ることなどがあります。このような癖があると、咀嚼筋や顎関節がこわばり、疲れの原因となります。

またこのような癖は、自分で直すよう常に気を付けていないと、顎関節症を発症し症状が長期間続く原因となります。

慢性化する頭痛や肩こりの原因になる

顎関節症は慢性的になると、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまいを発症する原因となってしまいます。これらの症状は、別の病気が要因となることもあるため、即顎関節症と関連づけられるわけではありませんが、これらの症状とあわせて顎に違和感がでるような場合には、歯科口腔外科を受診し、顎関節の状態を診てもらいましょう。

顎のずれは外見から確認することもできます。口角をむすぶ線と両目をむすぶ線が平行になっていない場合は、顎にずれが生じています。
当院でもチェックができますので、気になる方はご相談ください。


顎関節症は放置した場合

顎関節症はたいていの場合、自然治癒するものだといわれています。ですので、日常生活に支障がない場合は、放置しても知らないうちに改善されるケースもあります。

慌てて受診し治療を急ぐ必要はないともいえます。しかし、頬杖やいつも同じ向きで寝るといった、顎に負担がかかる癖を持っている方や、関節や周辺組織が変形しているような場合には、経過を見ても改善しないケースがほとんどです。

一方、急に口の開閉が困難になったケースなどでは、関節を調整したり、ストレッチをするなどして、劇的に回復をみることがあります。
このため、できれば放置するよりも、一度受診をして顎関節症のタイプや原因となっていることについて知ることがいいのではないでしょうか。


LINE予約

虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前

〒105-6902 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー2階

tel 03-6453-0774

診療時間
月〜金 9:30~13:00
14:00~18:30
土・日・祝日 休診

※感染拡大が収束するまで火曜、木曜の診療はご予約患者様のみとなります。
月曜日、水曜日、金曜日は通常通りの診療になります。
患者様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

※お盆、年末年始は休診いたします

因幡会グループ関連リンク

虎ノ門ワールドゲート歯科 神谷町駅前が所属する医療法人社団 因幡会は、東京、埼玉、神奈川に8つの歯科医院と歯科技工所がございます。

お電話 ご予約